新ブログサイト開設のお知らせ

この『一雨潤千山』ブログは2005年に開設し、 本当に毎日沢山の方々に読んで頂いております。 心からお礼申し上げます。 10年を経まして振り返り、多様な記事内容を読み返し、 いくつかのブログに分割することに致しました。
Read more…

「川田祐子展 ー踏草ー」終了

9月29日から10月2日までの、 4日間の個展は、お陰様で無事終了致しました。 美術館での展覧会開催中も、長野で新作を手がけ続け、 こんなに早い時期に画廊個展で新作ばかりを発表出来るとは、 私自身もとても驚いているところ
Read more…

「川田祐子展 ー草踏ー」はじまります!

25日、横須賀美術館「川田祐子展 ー千年の翠」は、無事に終了致しました。 今回沢山の方々が来て下さったことを知り、 また、美術館が作って下さったリーフレットは、約600部が売れて、 当初製作500部に、印刷所のサービス分
Read more…

作品購入によるご支援のお願い!

早いもので、横須賀美術館の展覧会も25日まで、あと2日となりました。 一方で、もう次回の個展準備が着々と進んでおります。 本日、9月29日から始まる個展出品作品の発送と、 個展DMはがきの発送が完了したところです。 今回
Read more…

横須賀美術館トークー千年の翠とは?

お陰さまで9月4日のアーティスト・トーク並びにワークショップは、 沢山の方々が参加して下さって、 夢のような楽しいひと時を過ごして帰って来ました。 アーティスト・トークに参加された方々からも、 とても楽しかったと率直なお
Read more…

ご質問ースクラッチの制作方法

お陰様で、横須賀美術館での展覧会、 「川田祐子展 千年の翠」(~9月25日)も残すところ後1ヶ月弱となりました。 このブログのアクセス数もとても増えて来ています。 先日ブログの問い合わせフォームから、ご質問も頂きました。
Read more…

横須賀美術館でのご質問あれこれ

12日、13日に陸の孤島、横須賀美術館で、訪れる方々と交流してまいりました。 遠くは京都、浜松から、何年かぶりで再会した方々、 新しい出会い、思いがけない出会いに、心から感謝している次第です。 会場で様々なご質問を受けま
Read more…

新作小品6点ー2016夏

暑中お見舞い申し上げます。 横須賀美術館での展覧会に沢山の方々が足を運んで下さり、 本当に感謝の気持ちでいっぱいです。 昨日は、山口県から美術館に見にいらした方がいたり、 今日はツイッターで下関市の人から応援メッセージを
Read more…

横須賀美術館 川田祐子展ー開催中

横須賀美術館での個展がはじまってから、早くも4週間。 毎日、多方面から反響を頂いていて、 励まされながら長野で引き続き制作しています。 「夏休みということもあって、沢山子どもたちが見ていました」 「同時開催の『自然と美術
Read more…

展示解説ー彫刻性と画材

川田作品が大きいスペースで展示されると、必ず監視の目を潜って、 手で触る人が続出します。 「スクラッチの傷って、どうなっているの?」とか、 「キャンバスが膨らんでいるみたいに思うけど、大丈夫なの?」 「ここに何かが浮いて
Read more…

展示解説ーハッチングから油彩画へ

「千年の翠」展では、スクラッチからハッチングヘ、 そして油彩という変化を一同に見せることが出来ました。 これらの変化を比較できるというのも、今回の展覧会の見どころです。 前回、スクラッチ技法を使うようになったきっかけを書
Read more…

展示解説ー初期スクラッチ作品のこと

展示作業は、お陰様でとても順調に進み、 午前中に照明の調整も済ませることが出来ました。 北側展示室の大きなスペースの照明は、 吹き抜けの高い天井に開けられた北向き丸窓からの自然光が主体なので、 美術作品の照明として最適な
Read more…

展示作業初日

横須賀美術館が立っている海は、 走水という名で、 日本の神々が神話を残している場所です。 早朝の散歩で静かに1日が始まりました。 走水 遠く浮かぶ 蝸牛舟 入りくむ磯の 波口走る (波際で浮かんだ歌です) ソワソワ、ドキ
Read more…

作品のメンテナンス作業

美術館の地下で、展示準備の作業をして来ました。 スクラッチの初期作品のメンテナンスです。 1998年当時の作品は、キャンバスではなくて、 チップ圧縮ボードのパネルを特注して使っていました。 テンペラ技法のための基底材を作
Read more…

横須賀美術館展チラシ

早いもので、今年も半年が過ぎました。 今回横須賀美術館での展覧会に向けて、何かと試練が重なりました。 その度にこれまでの自分を振り返り、 過去に受けた痛みや苦労の記憶をずっと引きずっていることを改めて実感したのでした。
Read more…

長野作品集荷無事完了のご報告

6月2日に長野のアトリエで作品集荷が無事に完了致しました。 これで夏の展覧会で発表する作品が、全て横須賀美術館に届いたことになります。 今回の出品作品には、5人のコレクターの方々の所蔵作品大小合わせて10点が含まれていて
Read more…

横須賀美術館展覧会に向けて

展覧会に向けて、リーフレットやチラシの準備が始まりました。 作品画像を掲載するページ割りを決めて行きながら、 これまでの作風の流れを改めて一瞥しているところです。 1998年からの作品を改めて見ると、初期は、随分と暗い色
Read more…

千年の翠(せんねんのみどり)

花水木の花も終わりを迎え、豊かな緑に囲まれる季節になりました。 7月9日から開催の横須賀美術館での展覧会に向けて、 すでに作品集荷の準備が進んでいます。 展覧会のサブタイトルも決まりました。 私の思いつきで「千年の翠(せ
Read more…

制作の近況

昨年暮れの個展でのご支援や作品販売の収益で、 マルオカF200号特別仕様キャンバス木枠84240円、 クレサン社製極細目アブソルバン・キャンバス(210cmx5m)77436円、 筆 22本 28747円分、 シュミンケ
Read more…

羅針盤としての「揺光の花」

揺光展にいらっしゃる方々から、 「油彩もイイね!」 「油彩に切り替えて良かった」 「今後が楽しみ」 「揺光の花、ステキ」 などなどのご意見を頂いていて、 改めて今回の展開に手応えを感じているところです。 心からお礼申し上
Read more…

揺光展に寄せてー揺さぶりと軌道

9日に、「金星探査機「あかつき」が金星を回る軌道に無事入った」 というニュースが目に飛び込んできました。 5年前に2010年5月に打ち上げられたものの、 その年の12月、軌道に入る前に、エンジンの噴射中に壊れ、計画は失敗
Read more…

川田 祐子 展 – 油彩画 揺光 –

川田 祐子 展 – 油彩画 揺光 – 2015年12月1日(火)ー 12月23日(水・祝) 12:30−19:00[土・日- 18:00]月曜休廊 道草の途上、風にゆらめく光の下、 心の片隅に忘れ
Read more…

個展準備での気付き

個展の展示準備のために昨日から上京しております。 頂いたご寄付の筆や絵の具で制作した100号作品。 「揺光の花」と名付けました。 先週金曜日に木枠から取り外し、 木枠は解体して先に画廊に送り、 麻布の作品部分は、 アトリ
Read more…

次回個展へのスケジュール

次回個展の情報が決まりました。 DMは現在印刷中とのこと。 いつもながら、作品画像の色補正で大変苦労して作って頂いているようです。 出来上がりが、とても楽しみです。 出品作品の内、小作品、ドローイングのほとんどは既に画廊
Read more…

販売中作品リストアップ

毎日制作しながら自答自問することは、 1.自分らしい何かが出ているかどうか? 2.スクラッチやハッチングで不可能だったことで、油彩画で可能なことは何か? 3.自分の自己満足ではなく、見る人を魅了するものとは何か? 頭の中
Read more…

新作小品展示中のご案内

朝は、アトリエの窓から、無花果の青い実りを眺めてはじまります。 昼間は、通り雨が多く、雨が過ぎた頃合いを見計らって、 瑞々しい草花の姿を探しに行きます。 夜は、秋の虫の音に囲まれて、筆が良く走ります。 めっきり、涼しくな
Read more…

8月油彩新作

先の個展が終了して約一ヶ月が経ちました。 その節は、さまざまな方々からご支援、ご理解、ご協力を頂き、 盛況の内に幕を閉じることができました。 心からお礼申し上げます。 ありがとうございました。 個展会場で声を掛けて下さっ
Read more…

25・26日在廊予定

個展の会期もあと2日となりました。 新宿へ向かう高速バスの予約も出来て、 明日からまた個展会場に在廊する予定です。 作品が予想以上に好評で、次々と売れて行きます。 お買い上げ頂いた方々やご支援を頂いた方々のお陰さまで、
Read more…

17・18・19・21日在廊予定

今朝は4時に起き、長野から高速バスで上京しました。 途中群馬のあたりで台風の影響があったため、4時間かかりましたが、 新宿に着く頃には小雨となり、画廊に到着した時には、すっかり快晴となっていました。 今日から21日まで滞
Read more…

『道草展』がはじまります

2日から二泊3日で、個展の展示作業をして来ました。 今回は、とても作品数が多かったので、二段掛けの壁もあります。 もう12年もお世話になっているKANEKO ART TOKYO。 オーナーとの阿吽の呼吸で、余裕を持って楽
Read more…