Home » 横須賀美術館展覧会に向けて

横須賀美術館展覧会に向けて

展覧会に向けて、リーフレットやチラシの準備が始まりました。
作品画像を掲載するページ割りを決めて行きながら、
これまでの作風の流れを改めて一瞥しているところです。

1998年からの作品を改めて見ると、初期は、随分と暗い色調でした。
当時は自分自身の存在や生き方を、そのまま出すような意識があったのだと思います。

今は、かなり意識が変わって、どんなにいろいろなことがあっても、
それに振り回されることなく、明るい太陽のようでありたい、
という願いや祈りで制作するようになって来ました。

自分自身の振る舞いをそのようには出来ないけれど、
せめて作品だけはそのようでありたい、
そう思わずにいられない状況だからです。

今年上半期は、今までになく制作以外のことで忙殺されることが沢山あったのですが、
それでも、周りの理解ある人たちに支えられながら、新作を作り続けています。

本当に感謝の気持ちで、胸が熱くなります。

心からお礼申し上げます。

ご寄付が数名の方々から総額245,000円集まりました。
また、新作「機微という蔦草」を購入頂きました。
画廊共々、これを励みに何とか営業並びに制作を続けることが出来ます。

早速、筆15本、絵の具5本、画溶液2種、小品用イーゼル、F100号
木枠、ブラシクリーナー、ブラシソフトナーなどを買い込みました。

ご支援へのお礼が遅くなっておりますが、今しばらくお待ち下さい。

メールやコメント、お手紙での励ましも頂いております。
お返事を書く余裕がなく、失礼しております。
ごめんなさい。

生活の上では、決して快調とは言えない日々ですが、
それでもありがたいことに、制作の筆は快調に進みます。
それがどれ程自分を成り立たせているか、計り知れません。

IMG_0604

*新作「機微という蔦草」は、
現在KANEKO ART TOKYOエントランスで展示中です。
画廊は現在準備中で、営業時間は不規則です。