朝日、毎日、東京新聞ー紹介されました

読売、毎日、朝日、産経等、新聞各社が「クインテット展」の情報を報道下さいました。 これは、損保ジャパン東郷青児美術館はじまって以来の快挙だそうです。 また、私の作品図版も各種紹介されました。 ありがとうございました。 東
Read more…

神奈川新聞ー紹介されました

「クインテット展を見て来ましたよ!」というお便り、メールが毎日のように届いております。 初めて私の作品をご覧になった方からの出会いの経緯や、ご感想も頂いています。 また、私の作品からエネルギーを受取り、 焼き物や絵画制作
Read more…

来館者数1万人目標ーともに芸術文化をつくること

只今新宿の損保ジャパン東郷青児美術館企画開催の『クインテットー五つ星の作家たち』展が、 好評開催中です。 このところ毎日1〜2通のペースで、作品を見に行って下さった方々から、 ご感想や励ましのメールやメッセージを頂いてい
Read more…

ミュージアムショップ

昨年暮れに、このネット上で『アートのひとしずく』を期間限定で販売し、 売れ行きに手応えを感じることができました。 その節は、ありがとうございました。 しかし、「寄付支援の延長として買う人がいても、ご新規のお客さんは買わな
Read more…

希望と絶望

展示に立ち合って、うまくいかない点が一つありました。 それは、ドローイングの照明です。 強いスポットを当てて、作品の細かい描線をよく見て頂こうと思いました。 しかし、どの場所から光を当てても、作品をどこに動かしても、 保
Read more…

『クインテットー五つ星の作家たち展』開始

お陰さまで、1月11日に無事『クインテットー五つ星の作家たち展』が始まりました。 9日に展示作業、10日に関係者などによる開会式があり、忙しさに紛れていましたが、 11日の朝、42階にある美術館に向かうエレベーターの中で
Read more…

2014年これからの展示予定

明けまして、おめでとうございます。 皆様のご支援のもと、無事に新年を迎えることができました。 気を引き締めて、今年も引き続き画家として制作に励む所存です。 どうぞよろしくお願い申し上げます。 念頭にあたり、今後の作品展示
Read more…

今年最後のお願い

この数日、来年1月11日から始まる『クインテット展』開催に向けて、 チラシや2月個展のDM等を配送する手作業に追われています。 クロネコメール便で500通を目標にしているのですが、 配送料の資金捻出に苦心していて、まだ1
Read more…

2014年個展のおしらせ

来年の個展のご案内をお知らせ致します。 川田祐子展ー自然は鏡ー 2014年2月11日(火)ー3月2日(日) 12:00−19:00[土・日ー18:00]月曜休廊 自然から勇気と情熱と気づきを与えられながら描くようになりま
Read more…

『クインテット展』出品作品ーその2『雲のアルペジオ』

雲のアルペジオ 2012 acrlylic gouashe on canvas 162x194cm ¥1,300,000- お問い合わせ:KANEKO ART TOKYO 『雲のアルペジオ』は、損保ジャパン東郷青児美術館
Read more…

『クインテット展』出品作品ーその1『風はみちびく』

早いもので、今年も残すところ1ヶ月となりました。 2月の個展に向けて筆を休めることなく動かす一方、その合間に 「今年はどのような年だったろうか?」 「去年の今頃は何をしていただろうか?」と振り返るこの頃です。 昨年は、近
Read more…

制作と私のヌミノーゼ(=聖なるもの)

8日に『クインテット展』の作品集荷が終わり、ホッとしたので、少し休むことも考えたのですが、 結局次の日から2月の個展に出品する作品を制作し始めました。 今はF3号2点、8号、30号の4枚を平行して制作中です。 1日の中で
Read more…

クインテット展集荷終了

本日お陰さまで、損保ジャパン東郷青児美術館の作品集荷が無事終了致しました。 美術館に19点を出品する予定ですが、その内の15点が今日出荷されました。 とにかく感慨ひとしおです。 この2年の月日の重みを感じているところです
Read more…

新作『NATURAL REVELATION』展示のご案内

KANEKO ART TOKYOの常設展示コーナーに新作『NATURAL REVELATION』が展示中(右上)です。 向かって右下が、なかはら みほこさんの作品。 左上が、宮坂省吾さんの作品です。 KANEKO ART
Read more…

新作「NATURAL REVELATION」

イーゼルを取り寄せたおかげで、制作がはかどっております。 大作制作と平行して、小品が完成しました。 長野に来てから、 「自然は自己を投影する鏡」あるいは「現実は自分の潜在意識そのもの」 と実感するようになりました。 描い
Read more…

プロテストアート

昨晩、このブログサイトが突然開かなくなってしまいました。 何をしても真っ白な状態になっていました。 ご覧になろうとした方の中には、驚かれた方もいらっしゃったかもしれません。 私も記事が全部消されていたらどうしようかと一瞬
Read more…

『クインテットー五つ星の作家たち』のチラシ

来年予定されている企画展『クインテットー五つ星の作家たち』のチラシが出来上がり、美術館から送られて来ました。 この展覧会のために、ご寄付を集めながら長野で制作しはじめて、17ヶ月の月日が経とうとしております。 無事にここ
Read more…

ドローイング

下絵というものを必要としない制作をしていますが、 紙という材質の風合いにとても魅力を感じて極々たまにドローイングをすることがあります。 フランス製のアルシュという紙(特厚口:一番厚みのある紙)に墨のインク。 極細のつけペ
Read more…

自然の「意味」ー 制作経過

少しずつ秋が近づいて来るのを感じられるようになって来ました。 毎日空を見上げて、雲の様子を眺めています。 Yahoo天気には、雨雲の予報アニメーションがありまして、1日に何度もチェックしています。 自分の住んでいる地域に
Read more…

絵画の気づきー完成は観る人の中にある

一昨日、次回展覧会のカタログに掲載予定の作家コメントを書き上げて送ってしまったので、 少し心の余裕が持てるようになりました。 400字という字数制限。伝えたい自分の思いが、その枠に治まり切らず、苦労しました。 メモした内
Read more…

近況と今後の予定

残暑お見舞い申し上げます。 さすがに長野でも昨晩は、今年初めて寝苦しい夜でした。 今日も、かなり暑くなりそうです。 もうすでに制作室は31度になって来ました。 来年予定の展覧会に出品する作品を、今急ピッチで進めています。
Read more…

杖とリゾームと実存

先月、選挙に行った帰りに、目の不自由な人とすれ違いました。 その人は、少し遠くに見えました。 その存在に気付いた瞬間に「あっ、忘れた」と言うと、もと来た道を戻りはじめました。 投票券を忘れたようでした。 とても悔しそうに
Read more…

作品集

お気づきの方もいらっしゃたかもしれませんが、2005年からの作品を紹介するサイトを作りました。お時間のある時に、お立ち寄り頂ければ幸いです。 http://www.kawadayuko.com/works

展示のご案内−2013夏

左: 川田祐子 「氷の誓い」 2013 acrylic gouache on canvas 91.0 x 72.7 x 2.6 cm KANEKO ART TOKYO 〒101-0032 東京都千代田区岩本町2-6-12
Read more…

レオナルド・ダ・ヴィンチの言葉

自分のこれからの指針として、ここにレオナルド・ダ・ヴィンチの言葉を書き留めておくことにします。   生活費以上の収入は意味なしと知るべし。 莫大な財産を望んでみても、君はそれを十分活用できないままに終わるだろう
Read more…

T.M様へ

この度は、賛同寄付1口をゆうちょ銀行口座にお振込み頂き、ありがとうございました。 お振込み名義のみで、ご住所が分かりませんでしたので、この場をお借りして、お礼を申し上げます。 芳名帳等確認致しましたが、これまでに面識はな
Read more…

霞を食べて生きること、制作すること

今日からS100号の絵具層の刷毛塗りが始まりました。1度塗ると30分以上乾かします。その間に、本を読んだり、サイトで気になることを調べたりします。 今日はたまたま国分功一郎著の『暇と退屈の倫理』の序章が、朝日出版の編集ブ
Read more…

制作と祈りー水は流れる

私の制作方法は、自分というものを取り出すための仕組みが組み込まれています。つまり自分らしい作品というのは何なのかは、すぐには答がみつからないので、その代わりに「自分らしい方法」から入って行ったということがあります。それは
Read more…

展示計画と「サブライム」再考

来年1月に損保ジャパン東郷青児美術館で予定されている「クィンテッド展」出品の制作が、順調に進でいます。メインになる新作制作の下地塗り作業を進めながら、作品コンセプトや完成のビジョンがかなり固まって来ました。 私の場合、美
Read more…

作品コンセプトー過剰系ミニマル

Twitterで、michiさんという方とやりとりした内容をここに記録しておきます。 夜、現在制作している作品について構想を練っていました。 この制作は、100号キャンバスの3枚連作となる予定です。 当初は、それぞれ単体
Read more…