通信誌No.5発行

7月7日から開催される個展の展示作業で、来週は上京する計画を立てています。 作品の撮影、配送、高速バスや宿泊の予約等々、 準備しなければならないことが山ほどあります。 昨日は自前印刷で作成したリーフレットをご紹介しました
Read more…

道草展リーフレット

初夏を告げるカッコウがアトリエの外に、訪ねて来るようになりました。 前回の個展「空は知っている」から、あっと言う間に半年。 そして、今年は個展活動を開始して20年目の節目。 グループ展、個展を含めると83回目の発表となり
Read more…

7月個展のお知らせ

突然、7月に個展をすることになりました。今年2回目です。 川田 祐子 展 ー 道草 ー 突然花を描いたら、大切な何かを見てもらえないものでしょうか? いいえ、変化の奥の変わらぬ本質を感じて下さるに違いありません。 道草に
Read more…

小キャンバス作りー動画アップ

爽やかなお天気が続き、制作にも弾みがつきます。 北側の窓がある作品保管室でも、 ようやく作業が出来るようになりました。 冬の間は、冷凍庫になっていましたから...(寒) 春は空気も乾燥気味で、キャンバス木枠を気持ちよく組
Read more…

2015年春ー新作展示のお知らせ

新作を送ったところ、画廊から早速展示画像が送られて来ました。 自分では、どうかなと思っていた「光陰」。 意外にも好評だというメッセージが添えられていました。 お蔵入りと判断していた部分もあったので、とても励まされ、 是非
Read more…

制作の近況ー2015年四半期キャンバス作品

昨日の午前中は、雪がちらつきました。 遠くの山の白い頂きから、大きな白雲が立ち上るのをずっと眺めていました。 日常のちょっとした細やかな機微は、 一瞬にして忘却のかなたに立ち去って行ってしまいます。 そういうことをひとつ
Read more…

制作の近況ー2015年四半期ドローイング

今年1月から3ヶ月の間に制作したドローイング作品をまとめてご紹介致します。 10枚連作「天翔る(あまがける)」 空を昔の日本人はどのように見上げたのか知りたくなって、 制作の合間に、古事記や万葉集を読むことがあります。
Read more…

ドローイングー素材と手法の研究

昨日、今日と雪が少しだけ積もり、まだまだ寒い長野です。 個展が終わってから、もう1ヶ月。 この間に、ドローイング制作をしていました。 紙の上で、久しぶりに新鮮な気持ちで取り組めました。 一昨年損保ジャパン美術館で発表した
Read more…

新作「やがて来る」

まだまだ寒い日が続きます。 春が待ち遠しい今の気持ちを、作品にできないかどうか、 目下何点か一度に平行して制作していますが、 ようやく1点を昨日画廊に送ることができました。 誰もが待ち望む春を、春という言葉を使わずに、
Read more…

「空は知っている」個展を終えて

お陰さまで、2月1日にKANEKO ART TOKYOでの個展「空は知っている」は無事に終了致しました。 応援して下さった皆様に、厚く御礼申し上げます。 ありがとうございました。 今回は、1月17日、18日、24日に在廊
Read more…

描かずに思い描く表現ー「山は動く」

17、18日の在廊中に、発表中の作品の内容や制作について、いろいろ語って参りました。 自分自身の制作のためにも、このブログに記録として書き残しておくことにします。 今回の個展で出品中の「山は動く」という作品は、 「今まで
Read more…

スクラッチ作品は、もう制作しないのですか?

個展が始まり、見て下さった方々からご質問、ご感想を頂いております。 ありがとうございます。次の制作に向かう大きな励みになっております。 作品を買って下さる方々や、 ご寄付を送って下さる方々のお陰さまで、 今週末に上京し在
Read more…

山は動くー搬入・展示

個展出品の作品搬入と展示が無事完了致しました。 昨日は早朝から赤帽さんの車の助手席に乗って、約3時間半のドライブを楽しみました。 雪や雨という予報もありましたが、天気に恵まれ、都内の道路もまだお正月の静けさ。 搬入がスム
Read more…

2015年個展のお知らせ

来年早々に個展を開催致します。 皆様の励ましとご協力に報いられるよう、 ベストを尽くして完成間近の作品『山は動く(仮題)』を制作しているところです。 DMの宛名書きをしながらの制作。 切手代を捻出するのに目下悪戦苦闘して
Read more…

幻影の庭

昨日近くの神社に行き、快晴の秋空の下で空を仰いでいると、 突然北風に乗って、紅葉した落ち葉の嵐が巻き起こりました。 色とりどりの落ち葉のシャワーに包まれて、 時間が止まったかのようでした。 最新作「幻影の庭」が完成しまし
Read more…

ルネッサンスの朝・空に咲く花・内なる輝き

近所の生け垣で、南天の実が赤く色づきはじめ、 冬の到来を感じさせています。 今年も残すところ2ヶ月と少しになって参りました。 昨年までは、皆様にご寄付を送って頂いたり、 またアートのひとしずくや作品をご購入頂いて、 制作
Read more…

KANEKO ART TOKYOで最新作展示中

来年1月の個展の予告のため、 只今KANEKO ART TOKYOで最新作を展示して頂いています。 画廊の照明を浴びて、アトリエで見ていた時よりも澄まし顔をしています(笑顔)。 お近くにいらした際は、是非是非お立ち寄り下
Read more…

Kindleデビュー

以前、ブログでもご紹介しましたRANGAIさんからまたご連絡が来ました。 財部鳥子さんによる珠玉の小説『雪子さんの航海日誌』が、 いよいよアマゾンのKindle版で発売されたとのこと。 表紙と挿画に私のセルフカバー作品が
Read more…

新作「空の実り」

夕暮れ時に仰ぐ空は、 ある人には詩情をかき立てるものかもしれません。 私にとって空は、 色調や構図、有機的な形のバランスを学ぶ場所です。 空は変化自在の無限を教える宝庫です。 私の目から手が伸びて、「このあたり」と教えま
Read more…

新作「空が知っている」

先日の御嶽山の噴火では、多くの方々が被災され、尊い命が失われました。 お亡くなりになった方々のご冥福を、 心からお祈り申し上げます。 災害が起きる度に「無事に生きていること自体が奇跡なのだ」 と思わずにいられません。 何
Read more…

新作小品2点販売のご案内

前回ブログ上で予告致しましたように、 来年1月10日から開催の個展に向けての制作活動の準備資金を集めるために、 下記2点の小品を作家直送で販売致します。 何卒ご支援の程、よろしくお願い申し上げます。 これらの新作は、来年
Read more…

「引き寄せの法則」とアート

最近知り合った近所の年配の人が、このところ元気がなかったので、 少し心配になって、立ち話をするようになりました。 あまり人のプライバシーには、なるべく立ち入らないようにしているのですが、 そういう姿勢がかえって、相手には
Read more…

生のまま丸ごと噛りつくような制作

東京都心では、雨の影響で、野菜の価格が高騰しているとのこと。 こちらでは、近くの八百屋さんから買って来た地産の梨や大根は、 昨年よりもやや水分がわずかに多く感じられるものの、 価格はいつもと何ら変わらず、おそらく都心の半
Read more…

制作しながら問い続けることー無底の鏡

目が覚めて時計を見ると、3時45分でした。 しばらく夜のしじまにじっとしていると、 あたり一面、秋の虫の声に包まれていることに気づきました。 耳慣れたコオロギが主旋律のようになっていて、 しばらくうっとり聞き惚れていまし
Read more…

感謝と制作の日々

しばらく、ブログを書いていなかったせいか、 その間にお便り、作品のお問い合わせ、お誘い、贈り物、 そしてご寄付を頂きました。 皆々様、ありがとうございます。 5月の連休前に、新作1点を完成し、画廊に送りました。 作品につ
Read more…

完成について

「作品は、どこで筆を止めるのですか?」 「どこで完成ということになるのですか?」 そういうことは、よく尋ねられることです。 いろいろな答えの仕方をして来たかも知れませんし、 その都度少しずつ答えが変化しているかも知れませ
Read more…

近況ーお取り寄せ・制作・読書ーそして信念

オレンジ色の胸を輝かせる、冬の渡り鳥ジョウビタキが、 春の訪れの前に、最後のお別れの挨拶に現われたのが先週。 今週に入って、長野もすっかり春らしい陽光に包まれています。 お陰さまで、アトリエ内部も一層充実した設備が整いは
Read more…

個展は3月2日まで

2月24日の寒い朝、クインテット展出品作品が長野のアトリエに戻って参りました。 固く凍結した路面で、美術運送の方々に大変なご苦労をおかけしました(汗)。 作品は、今保管室に収納され、ゆっくり休んでいるかのようです。 しか
Read more…

作品タイトルのリクエスト

お陰さまで、損保ジャパン東郷青児美術館での「クインテットー五つ星の作家たち」展は、 皆様の熱いご支援の元、約9000人の入館者をお迎えして、 2月16日をもちまして無事に終了致しました。 ありがとうございました。 まだ作
Read more…

川田祐子展ー自然は鏡ー開催中

昨日より、 KANEKO ART TOKYOにて川田祐子展 ー 自然は鏡 ーがはじまりました。 雪が舞うなか、多くのお客様が足を運んで下さっていると画廊から聞いております。 初日から在廊予定ではありましたが、雪による交通
Read more…